恐竜 図鑑 トリケラトプス Triceratops

トリケラトプス(Triceratops)

トリケラトプス|恐竜図鑑

トリケラトプス
(Triceratops)

ケラトプス科
全長9m 草食
白亜紀後期
北アメリカで発掘

トリケラトプスとは「3本の角を持つ顔」という意味。
1本の鼻角と、目の上にそれぞれ角があることが由来している。

トリケラトプスの生態

トリケラトプスは全長9mにまで成長する大型の角竜である。
目の上の一対の大きな角と、鼻の上にある小さな角、そして大きなフリルが特徴であり、ティラノサウルスと共に、人気の高い恐竜の1つ。

トリケラトプスの生態|恐竜図鑑

この角は、装飾用としての意味合いが大きいが、仲間同士の地位争いや、雌を巡る争いにも使われる。
また、ティラノサウルス等の大型肉食恐竜に襲われた場合には、威嚇用に使われていた。
鼻の上の角は、地面から植物の根を掘り返すのにも使われる事も多い。

首の後ろに広がるフリルと呼ばれる大きな骨は、成長するにつれて大型化して行く。
トリケラトプスのフリル部分の骨には穴が開いていないのも特徴の1つである。
頭部の形は個体差が激しく、中には別種であるかと思われるような個性的な個体も多い。

トリケラトプスは、数十頭単位の群れで生活し、時に数百から千頭単位の大群にまで成長することがある。
膨大な数のトリケラトプスがゆっくりと移動している風景はまさに圧巻である。

当時の北米大陸には、多種多様の角竜が数多く生息しており、生息域も近接していた。
種類の違う角竜達が混ざり合って餌を食む光景も良く見られるが、繁殖期が近づくとそれぞれがまとまって営巣を始める。

トリケラトプスの目

卵から孵ったトリケラトプスの幼体は、植物だけでなく昆虫類等の動物性の餌も摂取する。
体の小さい若い個体は、天敵である肉食恐竜の格好の獲物であるため群れの中心に集められ、体の大きな成体達がその周りを囲み身を守る。

トリケラトプスは体が大きく、ずっしりとした体格のため、動きが鈍そうに思われるが、意外に動きは素早い。
草食と言えども神経質で気が荒い一面もあり、他の植物食恐竜同様、トリケラトプスに近づくのは大変危険である。

その他の恐竜たち