恐竜 図鑑 アケロウサウルス Achelousaurus

アケロウサウルス(Achelousaurus)

アケロウサウルス|恐竜図鑑

アケロウサウルス
(Achelousaurus)

ケラトプス科 全長4.5~6m
草食 白亜紀後期
アメリカ・モンタナ州より発掘

ギリシャ神話でヘラクレスに角を折り取られた河の神、”アケロオス”が名前の由来。

アケロウサウルスの生態

アケロウサウルスの生態|恐竜図鑑

角のない「角竜」というのも変な話だが、アケロウサウルスは現代の分類ではそんな不思議な位置にいる。

アケロウサウルスの見た目で特徴的なのは、鼻の上と両方の目の上にあるこぶ。
このこぶは、まるで樹木が年輪を刻むように、年をとるにつれ、こんもりと大きくなり、若い仲間への威厳と強さの象徴となっている。

他のケラトプス科の恐竜同様、アケロウサウルスにも頭の上に大きな扇状の骨が広がっているが、アケロウサウルスはこの扇状の骨のフチから2本の角が飛び出しており、これもこぶと同様、個体を見分ける1つの特徴となっている。

アケロウサウルス 拡大

この特徴的な骨は、自分を大きく見せ、敵を視覚的に威嚇する目的と、まるでターコイズを散りばめたようなお洒落な模様は、異性に魅力をアピールするのに役立っている。

アケロウサウルスは群れで行動し、時には数千頭という大群が大陸を移動しながら、オウムのようなクチバシで地に生える草をむしり取るように食べて生活していた。
視力はあまりよくないが、鋭い嗅覚をもっている。

その他の恐竜たち